安易にできない自己破産

借金が帳消しになる自己破産ですが、それと同時に多くのデメリットもあります。最も大きなデメリットは、個人の所有財産を失うということです。自己破産の手続きをとることで、債務者の財産は一定限度を超えるものは全て換金して返済に充てることになっています。不動産を所有したまま自己破産することはできないため、長年ローンを支払ってきたマイホームも手放さなければならなくなります。どれくらいの範囲のものとなるかは明確ではありませんが、生活に必要となる最低限の財産は手元に残すことができます。現金でいえば、100万円いじょうを所有したまま自己破産することはできません。資産を全て売却しても返済できない多額な借金が残る場合に選ばれる方法と言えるかもしれません。

自己破産は誰もができるとは限りません。ギャンブルや遊興費などの浪費が原因で多額の借金ができた場合、免責不許可事由に該当するものとして、自己破産の対象外とされてしまう場合もあるのです。自己破産が初回の場合は、裁判所による裁量免責により、借金の理由にかかわらず認められる可能性もあるため、相談してみる価値はあるでしょう。自己破産すると手続き期間中は、資格が制限されるため就職が制限されることになります。士業や宅建業、保険外交員や警備員などには就くことができないなど、不利益を被ることもあるのです。