借金を帳消しにできる自己破産

債務整理のなかでも究極の手段といわれているものが自己破産です。裁判所に申し立てをすることによって借金返済額を全て免除してもらうもので、どれほど高額な借金があっても返済しなくて済むことになります。自己破産では、強制執行をとめることができるため、たとえ返済金を滞納して給料を差し押さえされていたとしても、手続きをすることによって強制執行が停止、または失効することになります。また、減額な収入要件が全くないため、無職無収入の人でも問題なく自己破産することができます。手続き後には、支払金が一切発生しないため、安定した収入がなくても自己破産の恩恵を受けることができるのです。

多重債務に苦しむ人は、毎日の生活を送ることもままならないため、生活保護申請を希望することがよくあります。借金を返済している状況では、生活保護を受けることはできないため、借金総額を減額することができても継続して返済を続ける他の債務整理の方法では、生活保護申請は受理されないのです。しかし、自己破産をすると借金返済の必要がなくなるため、生活保護の申請が可能となるのです。あまりみられる例ではありませんが、生活保護受給中の人が借金をして自己破産をしても、生活保護受給が継続されることもあります。