最適な債務整理の方法を知る

債務整理には、自己破産をはじめとしてさまざまな方法がありますが、それぞれメリット、デメリットがあり、個人の抱える借金問題によってどの方法が最適かは異なります。しかし、債務整理をすることによって、借金問題を根本的に解決することができるため、何もしないまま毎日借金におびえながら生活する不安はなくなることでしょう。複数の借金の借入先がある場合、一本化することで安心する方もいますが、これはあくまでも借金の借り換えであって借金が減るわけではないので、全く根本的な解決にはなりません。債務整理をすることで、借金の減額や帳消しをすることができ、毎月の返済額に大きな変化が起こります。

多重債務者は、日々、債権者から電話や郵送物により返済を迫られ精神的にとても追い詰められた状況に陥ってしまうことがあります。債務整理を弁護士に相談すると、どんな手法であれ、手続きを開始することによって債権者からの返済請求の動きを止めることができます。また、一時的であっても債権者への支払いも中断されるため、精神的な疲弊から解放されることは間違いありません。真面目な方ほど、自分一人で背負い込んで悩むだけでは解決しない問題を悩み続けようとします。無料相談から手軽に活用できる弁護士のアドバイスから始めてみてはいかがでしょうか。自分にとって最適な債務整理の方法と具体的な流れについえ教えてもらうことにより、安心することができるでしょう。

推奨HP・・・弁護士法人アディーレ─借金返済相談

安易にできない自己破産

借金が帳消しになる自己破産ですが、それと同時に多くのデメリットもあります。最も大きなデメリットは、個人の所有財産を失うということです。自己破産の手続きをとることで、債務者の財産は一定限度を超えるものは全て換金して返済に充てることになっています。不動産を所有したまま自己破産することはできないため、長年ローンを支払ってきたマイホームも手放さなければならなくなります。どれくらいの範囲のものとなるかは明確ではありませんが、生活に必要となる最低限の財産は手元に残すことができます。現金でいえば、100万円いじょうを所有したまま自己破産することはできません。資産を全て売却しても返済できない多額な借金が残る場合に選ばれる方法と言えるかもしれません。

自己破産は誰もができるとは限りません。ギャンブルや遊興費などの浪費が原因で多額の借金ができた場合、免責不許可事由に該当するものとして、自己破産の対象外とされてしまう場合もあるのです。自己破産が初回の場合は、裁判所による裁量免責により、借金の理由にかかわらず認められる可能性もあるため、相談してみる価値はあるでしょう。自己破産すると手続き期間中は、資格が制限されるため就職が制限されることになります。士業や宅建業、保険外交員や警備員などには就くことができないなど、不利益を被ることもあるのです。

借金を帳消しにできる自己破産

債務整理のなかでも究極の手段といわれているものが自己破産です。裁判所に申し立てをすることによって借金返済額を全て免除してもらうもので、どれほど高額な借金があっても返済しなくて済むことになります。自己破産では、強制執行をとめることができるため、たとえ返済金を滞納して給料を差し押さえされていたとしても、手続きをすることによって強制執行が停止、または失効することになります。また、減額な収入要件が全くないため、無職無収入の人でも問題なく自己破産することができます。手続き後には、支払金が一切発生しないため、安定した収入がなくても自己破産の恩恵を受けることができるのです。

多重債務に苦しむ人は、毎日の生活を送ることもままならないため、生活保護申請を希望することがよくあります。借金を返済している状況では、生活保護を受けることはできないため、借金総額を減額することができても継続して返済を続ける他の債務整理の方法では、生活保護申請は受理されないのです。しかし、自己破産をすると借金返済の必要がなくなるため、生活保護の申請が可能となるのです。あまりみられる例ではありませんが、生活保護受給中の人が借金をして自己破産をしても、生活保護受給が継続されることもあります。

借金のさまざまな返済方法

一口に借金といってもさまざまな種類のものがあります。最も多いのは、マイホームを手に入れるための住宅ローンでしょう。何千万円もする土地や家を即金で支払える人はほとんどいないため、何十年ものローンを組んで返済していくことになります。全く借金がないという人も素晴らしいですが、返済能力があれば借金すること自体が悪いことではありません。毎日の生活に多少の支障が出る程度、切り詰めて返済することができれば問題は何もありません。しかし、ショッピングやギャンブル、遊興費などを目的として貸し金業者から借金して返済できないことから、また別の貸し金業者から借金して返済に回す、ということを繰り返しているとたちまち多重債務者になってしまうことでしょう。

多重債務を抱えてしまうと自分の力だけでは返済することができず、毎日の取り立てと先行きの不安で精神的に参ってしまいます。そんなときこそ、弁護士の無料相談をおすすめします。借金を返済するための返済方法をはじめとして債務整理にはさまざまな手法があります。債務整理が必要と言われただけで、即、自己破産しなければならないのかと落ち込む必要はありません。債務整理にはさまざまな方法がありますが、債務額合計、借入先の数、収入や資産の状況など、個人の状況の違いによってどの方法を選べばいいかが変わってきます。知ろうと考えてすぐに結論を出そうとしないで、弁護士に相談することから始めてみてはいかがでしょうか。